ちょっと待って!業者に頼むべきリフォーム

>

業者でなければできないところ

確実に頼むところ

リフォームでDIYができないところとはすなわち、工事の際に資格が必要なものになります。
内装でいうと電気工事、水道工事、ガス工事が該当します。
なぜこれらの工事が自分で行えないかと言いますと、失敗した際の命にかかわるリスクが高いからです。
さらに、自分だけでなく隣人住民にまで危険にさらしてしまうからです。
更に水道管工事に関しては、失敗すると集合住宅の場合、下の階に水漏れしてしまうので気をつけましょう。

コンセントでつなぐタイプの照明は取り外し可能ですが、配線などは一切禁止です。
また、水道工事は水栓の取り外し程度なら自分でやっても許されています。
ガスコンロの設置はガスコックに触らないでなら可能ですが、ほとんど不可能です。



リフォーム業者の選別方

さて、リフォーム業者の選び方ですが、どう選ぶのが正解なのでしょうか。
選び方は人それぞれであり、これが正解!
というようなセオリーはないので、自分の納得いくまで比較検討すれば良いのです。

ここまでの話でリフォームDIYについて話してきて、業者にしかできない3つの工事をお教えしました。
そこで提案したいのが、リフォーム業者に頼むのではなく、電気工事は電気工事の、ガス工事はガス工事の、水道工事は水道工事の専門家に頼むという選択肢もあります。
自分でできる部分をすべてやるとなるとこちらのほうが安くなる可能性があることを頭に入れておいてください。

リフォーム業者が信頼できるかどうかの判断は、サイトを見て話を聞き、契約を進めるうえでしか判断できません。
頑張りましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る